Sandii

ミュージシャン / ウニキ・クムフラ(Sandii’s Hula Studio主宰)
日本における女性ボーカリストの先駆者であるサンディーは、10代を主にハワイで過ごし、本格的にフラを学ぶ。1974年に日本での音楽活動を開始し、1976年の世界歌謡祭でグランプリと最優秀歌唱賞を受賞。1980年には、細野晴臣氏プロデュースのアルバムを日英で発表し、その後もサンディー&ザ・サンセッツとして数々の作品を全世界にリリース。80年代から毎年世界ツアーを敢行。世界を舞台に活躍する日本のアーティストとして多くの歴史的シーンを残す。
1996年から、自身のルーツであるハワイと向き合い、2001年には自身のフラスタジオ「 Sandii’s Hula Studio」を設立し自ら指導にあたる。2005年、フラの深い修行の成果を認められ、フラ・カルチャーを伝道する最高位である「ウニキ・クムフラ 」のタイトルを受け継ぐ。
2018年、イギリスのレジェンドプロデューサーでありミュージシャンのデニス・ボヴェル氏とともに制作したアルバム「 HULA DUB」をリリースし、同年7月にはデニス氏を招聘しての日本 ツアーも敢行。フジロックフェスティバルや、サンセットライブなどの音楽フェスにも出演し、全国各地で活動している。
現在は、2022年に行われるウニキ(卒業式)に向けてフラの愛弟子18名を卒業させるため指導中。